【決定版】ポジティブになれる5STEP!
スポンサーリンク

流動比率

流動比率の計算式や目安 株式投資

流動比率とは、会社の短期的な支払い能力を示します。

 

会社の財務の安全性を示す指標です。

スポンサーリンク

流動比率の計算式

流動比率 = 流動資産 ÷ 流動負債 ×100%

流動比率の目安

目安は200%

 

高ければ高いほど良い。

100%を下回ると要注意。

流動比率をカンタンに解説

流動比率は、会社の短期的な支払い能力を示す指標です。

 

流動資産といえば、現金のほか売掛金や受取手形、在庫など1年以内に現金化できるモノ。

 

流動負債は、短期の借入金や、買掛金・支払手形など1年以内に返済するモノ。

 

仮に流動比率が100%を下回っていると

 

1年以内に返さないといけないおカネ > 1年以内に現金化できるモノ

 

このような式が成り立ってしまいます。

つまりおカネが不足するワケですね。

 

実際に流動比率が100%を下回ったとしても、すぐ資金不足!倒産!とはなりません。

 

しかし、運転資金に余裕がなくなる可能性は十分考えられます。

 

流動性比率をチェックして、会社の資金の余裕度を確認しておきましょう。

人気記事初心者の株の始め方!知識0・お金0から本格的な株式投資をはじめよう

コメント