【決定版】ポジティブになれる5STEP!
スポンサーリンク

エーザイ(4523)の株価が急騰。アルツハイマー新薬「アデュカヌプ」はなにがスゴい?新薬承認される確率と承認後の売上予想。配当利回り・株主優待も確認。

エーザイ【4523】の株価が急騰!アルツハイマー新薬の承認確率と予想売上は? 株式投資
エーザイ【4523】の株価が急騰!アルツハイマー新薬の承認確率と予想売上は?

エーザイの株価高騰の理由を知りたい

アルツハイマー新薬について知りたい

アルツハイマーの新薬は何が違うの?

新薬承認の確率は?

勢いのある銘柄を知りたい

こんなギモンにお答えします!

 

Drオレンジ
Drオレンジ

どうも!Drオレンジです。

 

個人投資家は8年以上やってて、本も100冊以上読破しました。

そんな私が、株価が高騰したエーザイについて、その背景を調べましたので共有します。

 

ぜひあなたの投資に役立ててください。

この記事の内容

アルツハイマー新薬の長所はなにか

「アデュカヌプ」が新薬承認される確率

「アデュカヌプ」の売上予想

エーザイの株価はいくらなら妥当か

エーザイの配当利回りは?

エーザイの株主優待は?

スポンサーリンク

エーザイ(4523)の株価が急騰。アルツハイマー新薬「アデュカヌプ」はなにがスゴいの?新薬承認される確率と承認後の売上予想。配当利回り・株主優待も確認。

エーザイ(4523)の株価が急騰。アルツハイマー新薬「アデュカヌプ」はなにがスゴいの?新薬承認される確率と承認後の売上予想。配当利回り・株主優待も確認。
エーザイ(4523)の株価が急騰。アルツハイマー新薬「アデュカヌプ」はなにがスゴいの?新薬承認される確率と承認後の売上予想。配当利回り・株主優待も確認。

エーザイは、ご存じ医薬品メーカーです。

「元気出していきましょう、エーザイ」

というセリフは誰でも知ってるはず。

 

チョコラBBをはじめ身近な会社ですよね。

しかし、認知症や抗がん剤などの開発を世界の医薬品メーカーと共同開発しており、じつは医療の最先端を突き進む企業です。

 

前置きはこれくらいにして、さっそく株価高騰のワケを見ていきましょう!

エーザイ(4523)の株価が急騰!ストップ高になったワケはアルツハイマー治療薬「アデュカヌプ」

エーザイ(4523)の株価が急騰!ストップ高になったワケはアルツハイマー治療薬「アデュカヌプ」
エーザイ(4523)の株価が急騰!ストップ高になったワケはアルツハイマー治療薬「アデュカヌプ」

10月23日、エーザイ(4523)株価急騰。

寄り前の売り2万株に対して買いは574万株。

ストップ高となりました。

23日の終値は6,534円。

(前日比 +1,000円 +18.07%)

 

今回エーザイ(4523)の株価が急騰した理由は、アメリカのバイオジェン社と共同開発を進めてきたアルツハイマーの治療薬「アデュカヌマブ」

臨床試験により、この治療薬の効果が確認されたとともに、2020年に米国食品医薬品局(FDA)へ新薬申請をする予定だと発表されました。

アルツハイマー治療薬「アデュカヌマブ」はなにが新しいの?

アルツハイマーの治療薬「アデュカヌマブ」は、早期アルツハイマー病に対して症状の悪化を抑える世界初のクスリです。

 

現在、FDAで承認されているアルツハイマーの治療薬は4つ。

(ドネぺジル・リバスチグミン・ガランタミン・メマンチン)

 

しかしそのいづれもが軽度~高度のアルツハイマー病にのみ効果があり、早期アルツハイマーの進行を抑制するのは「アデュカヌマブ」だけです。

アルツハイマー治療薬「アデュカヌマブ」の新薬承認確率は?

アルツハイマー治療薬「アデュカヌマブ」が新薬承認される確率はどれくらいでしょう?

 

じつは、米国食品医薬品局(FDA)はトランプ政権になって体制が大きく変わりました。

これが影響し、新薬承認数が増えてます。

 

<新薬承認数の推移>

2016年・・22品目

2017年・・46品目

2018年・・62品目(過去最高)

 

ちなみに2018年の承認率は95%。

臨床試験や計画段階でFDAが企業と連携し、<可能な限り早く患者に新薬と届ける体制>ができがりつつあります。

今回の「アデュカヌマブ」開発にも計画段階からFDAが関与してますから、新薬申請されればスムーズに承認される可能性は高いでしょう。

アルツハイマー治療薬「アデュカヌマブ」が新薬承認されたら売上はどれくらい?

アルツハイマー治療薬「アデュカヌマブ」が新薬承認されたら売上はどうなるんでしょうか?

 

こればっかりは分かりません!笑

 

かわりに参考事例をご紹介します。

じつは、エーザイは過去にアルツハイマーの治療薬の開発に成功したことがあります。

1997年にアリセプト(ドネぺジル)という軽度~中等度のアルツハイマー病患者の治療薬を開発。当時は革新的な治療薬として注目されました。

ピーク時の2009年には、アリセプトだけで年間3,228億円もの売上をあげてます。

アリセプトの売上高推移
引用:Answers

 

Drオレンジ
Drオレンジ

信じられない数字ですね

 

年間売上高10億円以上の新薬を「ブロックバスター」と呼ぶそうです。

「アデュカヌマブ」が新薬承認されればまちがいなく「ブロックバスター」になるでしょう。

株価はいくらなら妥当?

それでは、エーザイ(4523)の株価はいくらが妥当でしょうか。

 

まずはチャートを見てみましょう。

エーザイ株価チャート
参照:SBI証券

3月20日ごろに株価が暴落してますね。

 

この暴落の理由は、「アデュカヌマブ」の臨床試験中止です。

 

実はエーザイとバイオジェン社は3月21日に「アデュカヌマブ」に”有効性が認められそうにない”として、臨床試験を中止してます。

これによって失望売りが殺到し株価が暴落。

30%超下げることとなりました。

 

それから株価は軟調に推移。

そして<新薬の有効性確認&来年度新薬申請予定>というポジティブなニュースが飛び込んできたためストップ高になった。という経緯があります。

 

このことからも、シンプルに暴落前の水準以上に株価が上がるはずです。

9,000円~10,000円が最低ラインかと。

新薬承認が確実視されてるため10,000円以上に高騰する可能性も高いでしょう。

 

バリュエーション指標から見ても、PER26倍・PBR2.98倍。割安水準ではありませんが、まだまだ伸びしろがあります。

数日後には決算発表も控えており、しばらくは株価の高騰が続きそうですね。

エーザイ(4523)の株主優待は?

エーザイ(4523)の株主優待は?
エーザイ(4523)の株主優待は?

エーザイの株主優待はありません。

 

残念ですね!

口内炎になるたびチョコラBBにお世話になってるので、個人的には1パックくらい送ってほしいですね!

エーザイ(4523)の配当利回りは?

エーザイ(4523)の配当利回りは?
エーザイ(4523)の配当利回りは?

エーザイの配当利回りは

2.45%

 

配当推移はコチラ。

エーザイ配当実績
参照:SBI証券

年2回の配当で、1株150円ほど。

 

現在の株価が6,534円なので、2.45%。

 

しかし、今後も株価の高騰が続きますので、配当利回りはどんどん落ちますね。

 

仮に9,000円なら配当利回りは1.7%ほど。

まとめ

今回のまとめです!
エーザイ(4523)の株について
  • アデュカヌマブは世界初の治療薬
  • 早期アルツハイマーに効果あり
  • 承認確率は高い。
  • 売上は数千億。
  • 株価は急騰。
  • 暴落前の水準を超えるだろう。
  • 株主優待はない
  • 配当利回り2.45%

今回は大手医薬品メーカー「エーザイ」についてご紹介しました。

まだ上がる余地はあると思うので、今から買い入れてもいいかもしれませんね。

買えるか分かりませんが…。

 

それではまた。

 

人気記事初心者の株の始め方!知識0・お金0から本格的な株式投資をはじめよう

コメント