【決定版】ポジティブになれる5STEP!
スポンサーリンク

金融リテラシーとは何か。大人をみれば金融リテラシーの意義がわかる

 

Drオレンジ
Drオレンジ

こんにちは。Drオレンジです!




先日、Twitterを眺めていたらTLにこんなツイートが流れてきました。

内容としては、50代のサラリーマンが、成功した若い起業家に対して文句を言い竹原さんに同調を求めるも、一刀両断されるというものです。

私もこのツイートを見て思うところがありますので、今回はそれをお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

勉強する若者、勉強しない大人

社会人になったら勉強をしなくなる人がめちゃくちゃ多いようですね。

私自身、大学生や社会人になって、殆ど勉強らしい勉強はしてこなかったのでとてもよく分かります。

勉強は嫌いではないし、小学校~高校とそこそこ成績も良い方だったのですが、
大学生になり、お酒も覚え車も手に入れ、時間的にも物理的にも社会的にも自由度が格段に増したことで

「世の中には楽しいことが沢山あるんだ。」

と感じてしまったことがまずかったです・・。

その開放感で勉強することなんてすっかり忘れ、遊びに時間とお金を費やしました。
社会人になってからは、給料を得ることで自由が更に増し、ますます遊びに使う時間とお金が増えました。

皆さんも似たような経験があるのではないでしょうか。

少なくとも私の周りにいる会社の人間や古くからの友人、親や親戚には社会人になって勉強している人は殆どいませんでした。

私も、それで良いと思ってしまっている時期がありました。

これがいかにヤバいことか分かりますよね・・?

思考停止して学ぶことを忘れると人生終了です。
時間を切り売りして稼いだ小銭を、消費者として様々なコンテンツで浪費して何も残らず死ぬだけ。
自分がそんな状況に陥っているということに、気づいていない人間が殆どです。

自分がこんな状況になったのは国のせい、会社のせい

先述の通り、勉強せずに時間を切り売りして得た給料で生活する。

会社が用意した資産や仕組みを利用して、決められた通りに業務をこなして、もらった給料で生計を立てる。

いわゆるラットレースです。

ラットレースをしているうちは、人生はかなり制限されます。

今更こんなこと・・と思うかもしれません。
でも、この世の大半人間がこんな当たり前のことに何十年間も気づかないで人生を送っています。

そしてラットレースをしている本人は、「自分はすごい努力して頑張ってる!」と思ってるんですよね。
だって、すごい勢いで走るじゃないですか。ネズミ。
おもちゃの滑車から1歩も進んでないのに。

先述の竹原さんにメールを送ってきた50代男性サラリーマンは、まさにその典型例でしょう。

きっと、おもちゃの滑車の中で、30年間すごい勢いで走り続けてきたんですね。
気づいたら時間だけを失い、何も残ってない。

わずかばかりの貯金と、大きな大きな老後の不安だけが残ります。
決して贅沢は出来ず、人生のカウントダウンを迎えることになります。

その状況になった時なんて言うか。

自分がこんな事になったのは、国や会社の責任だ。

とアホみたいに責任転嫁しようとするんですね。

30年滑車回してただけの人間の人生を、どうして誰かが保証しなくてはいけないんでしょうか?

でも、私の会社や、周囲にも同じような考えの人間が山ほどいます。

会社に対する不平不満、国や政府を中傷。
こんな会話を肴に居酒屋で安酒を飲む。

人生それでいいんでしょうか。

守ってもらっていることに気づきすらしない甘ったれた考え

先述の通り、ラットレースをしている間は1歩も前に進みません。
一刻も早く抜け出すべき状況です。

しかし、良いこともあります。


国や会社にめちゃくちゃ助けてもらえることです。


会社は、働くための事務所、机、PC、営業車、制服、部下、上司、仕事・・・
何もかも用意してくれますよね。

国だって道路や信号、医療保険、警察、消防、安全・・・
お金にならなくて誰も出来ないことを、国が全部やってくれます。

これを全部、自分で準備なんて到底出来ません。
めちゃくちゃ有り難いですよね

でも驚くことに、大半の人間はそのことに気づけないんです。

自分が今まで散々助けてもらい、守ってきてもらったくせに、その事に気づかず将来の自分の人生を保証しろと要求する。
赤ん坊や子供にしか見えません。
どこまで甘えるのでしょうか?

どうしてこんな人間ばかりの世の中なんでしょうね。
嫌気が指してきます。

そうは言っても私もサラリーマン

色々と厳しいことを書きましたが、そうは言っても私も毎日サラリーマンとして時間と労力を売り、給料を頂いて生活しています。
本当は偉そうなことを言える立場ではありません

でも、自分の置かれている状況が分かっているので、危機感を抱いて色々と努力し、足掻いているのです。
極小資本で低賃金のサラリーマンですが、この状況から抜け出し自由を手に入れる方法は分かりはじめています。
実行力と、勤勉で謙虚な態度、そして国と会社に感謝をしながら日々精進してまいります

人気記事初心者の株の始め方!知識0・お金0から本格的な株式投資をはじめよう

コメント