株式投資

固定比率

固定比率とは、会社の財務の安全性を示す指標です。

固定比率の計算式

固定比率 = 固定資産 ÷ 自己資本 ×100%

固定比率の目安

固定比率の目安は100%

 

低ければ低いほど良い。

100%を上回っても固定長期適合率が100%以下なら、大きな問題ではない。

 

固定比率をカンタンに解説

固定比率は、会社の財務基盤の安定性を示す指標です。

 

固定資産といえば土地や建物など、おカネに変えるのに時間がかかるモノ。

 

自己資本は、会社の資本ですから返済が不要ですね。

 

仮に固定比率が100%を上回ってると

 

おカネになりにくいモノ>返済が不要なおカネ

 

という構図が成り立ってしまいます。

 

つまりおカネになりにくいモノで、おカネを返すことになるんですね。

 

実際に

土地を売って借入返済する

などということはほとんどありません。

 

でも財務上は望ましくないですね。

 

固定比率をチェックして、会社の財務基盤の厚さを確認しましょう!

 

◇人気記事◇ スマホ証券おすすめランキング【初心者のために現役投資家が厳選!】

◇人気記事◇【口コミ調査】ネオモバが初心者でも安心して投資デビューできる理由

◇人気記事◇ウェルスナビの評判と実績まとめ。忙しい主婦でも安定投資できるワケ

ABOUT ME
Dr.オレンジ
30代♂大手経理マン。株スタ!株のスタートアップガイド管理人。日々、だれでも分かりやすい投資のはじめ方を情報発信している。日本の投資人口を増やして、みんなと株の話をしたいと思っている。