【決定版】ポジティブになれる5STEP!
スポンサーリンク

嫌われる人の特徴5選!心理学的嫌われる理由アリ。あなたは大丈夫?

嫌われる人の特徴5選!心理学的嫌われる理由アリ。あなたは大丈夫? コンプレックス
嫌われる人の特徴を5つご紹介。全て心理学的に嫌われる理由アリです。

嫌われる人の特徴ってなに?

なぜか好かれないんだけどどうして?

わたし嫌われてないかな?

こんなお悩みを解決します!

 

Drオレンジ
Drオレンジ

こんにちは!Drオレンジです。

今回は、他人に嫌われているかもしれないと思ってる人に向けた記事です。

スポンサーリンク

嫌われる人の特徴5選!心理学的に嫌われる理由アリ。

嫌われる人の特徴5選!心理学的に嫌われる理由アリ。
可愛いワンちゃんに嫌われないように嫌われる人の特徴をチェックしましょう

今回は「嫌われる人の特徴」をテーマにお話しをしていきます。

記事は5段構成になっていて、それぞれの段で心理学的根拠を示しながら、嫌われる人の特徴を説明します。

この記事を読めば、嫌われる人の特徴が分かります。

自分は大丈夫?と思っている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

Drオレンジ
Drオレンジ

それではいってみよう!

嫌われる人の特徴1.愚痴ばかりいう

嫌われる人の特徴1.愚痴ばかりいう
嫌われる人の特徴1.愚痴ばかりいう

グチばかり言う人は嫌われます。

これはアメリカの心理学者エドワード・E・ジョーンズが提唱する「セルフハンディ・キャッピング」で説明がつきます。

セルフ・ハンディキャッピングとは、失敗は外的要因にあり、成功は内的要因にあるとする考え方です。

 

つまりどういうこと?

Drオレンジ
Drオレンジ

カンタンに言えば…

 

「上手くいかないのは他人のせい。上手くいったのは自分のおかげ。」

 

という考え方ですね。

 

おぅ…。

 

このような考えを持っていると、自分を本当の実力以上に過大評価します。

そして、チカラを発揮できないのは環境や他人のせいだと思い込み、グチばかり言うようになるんですね。

 

Drオレンジ
Drオレンジ

このようにグチばかり言う人は、嫌われる典型例と言えるでしょう。

嫌われる人の特徴2.自分の話ばかりする。

嫌われる人の特徴2.自分の話ばかりする。
嫌われる人の特徴2.自分の話ばかりする。

自分の話ばかりする人は嫌われます。

なぜなら、多くの人は「承認欲求」を持っているからです。

つまり、みんな自分の話を聞いてほしいんですね。

 

でも、自分の話ばかり人は、自分の承認欲求を満たすだけです。

他人の欲求は一切満たしません。

 

Drオレンジ
Drオレンジ

なんでもかんでも自分の話にしてしまう人いませんか?

いるいる!話したかったことが話せずモヤモヤします。

こういう人と会話をすると、ものすごくストレスが溜まってしまいます。

そのため自分の話ばかりする人は嫌われてしまいます。

嫌われる人の特徴3.雑談をしない。

嫌われる人の特徴3.雑談をしない。
嫌われる人の特徴3.雑談をしない。

雑談を避ける人は嫌われます。

なぜなら、「単純接触効果」が働かないからです。

 

単純接触効果とは、何回もコミュニケーションをとるだけで好きになる心理です。

それだけで親密度が増すんですね。

 

たしかに。初対面よりいつも話してる人の方が安心する。

Drオレンジ
Drオレンジ

相手のことを知ってるからこそ、安心するんでしょうね。

 

なので、人と仲良くなるには「雑談」がイチバン!

雑談して、相手に自分の為人(ひととなり)をよく知ってもらいましょう

 

逆に、雑談を避けていると心のカベは、いつまでたっても取り除けません。

 

このような人は、避けられてしまいがちです。

嫌われる人の特徴4.失敗やコンプレックスを隠す

嫌われる人の特徴4.失敗やコンプレックスを隠す
嫌われる人の特徴4.失敗やコンプレックスを隠す

失敗やコンプレックスを隠す人は嫌われます。

なぜなら、周囲に器の小さい人間だと思われるからです。

失敗やコンプレックスを隠さずオープンにしていくことを、心理学では「自己開示」といいます。

自己開示ができる人は、

「こんな失敗をする自分を笑うなら笑ってくれ」

というスタンスで弱点をさらけ出します。

 

一方、傷つきたくない。プライドを守りたい。という心理が強い人は、失敗やコンプレックスを他人にさらけ出すことができません。

不思議なコトに、そういう態度を他人は察するものです。

そして、

 

あいつは器の小さい人間だな

というふうに、陰で言われてしまうんですね。

そして避けられてしまうことになります。

嫌われる人の特徴5.無表情。感情を出さない。

嫌われる人の特徴5.無表情。感情を出さない。
嫌われる人の特徴5.無表情。感情を出さない。

無表情で感情を表に出さない人は嫌われます。

なぜなら、何を考えてるか分からないと思われて警戒されるからです。

このような心理を「警戒仮説」といいます。

よく知らないものや理解できないものに対して、不安や恐れの感情をもつんですね。

 

仏頂面の人は近寄りたくないなぁ

Drオレンジ
Drオレンジ

喜怒哀楽が分かる人のほうが安心感ありますよね

感情を表に出すことで、自分をさらけ出してしまうという心のブロックが働いているのかもしれませんね。

まとめ

今回のまとめです
嫌われる人の特徴
  • グチばかり言う➔セルフハンディキャッピング
  • 自分の話ばかりする➔承認欲求が満たされない
  • 雑談をしない➔単純接触効果が不十分
  • 失敗やコンプレックスを隠す➔自己開示できない
  • 感情を表に出さない➔警戒仮説

今回は「嫌われる人の特徴」をテーマにお話ししてきました。

もし自分に当てはまっていると感じたなら、日ごろから意識して治すように心がけましょう。

そうすればきっと他人から好かれるようになれますよ!

 

Drオレンジ
Drオレンジ

それではまた!

 

【だれにも会わずに悩み相談】

<自分を変えたい!><人間関係がうまくいかない><仕事のやる気がでない…>

その悩み、プロにお任せください!
深い悩みをメールや電話でじっくり相談しませんか?

頼れるプロが親身にお話しを聞きます。

もう1人で苦しみたくない・・・

そう思うのなら、ぜひオンラインカウンセリングを試してください。

 

私たちはいつでもあなたの味方です。

コンプレックス 使える心理学
ビタLabo

コメント