【決定版】ポジティブになれる5STEP!
スポンサーリンク

疲れの取り方6選!事実、現代人の疲れにはコレが効果バツグンです

疲れの取り方6選!事実、現代人の疲れにはコレが効果バツグンです ポジティブ
現代人の疲れに効果バツグンな疲れの取り方6つご紹介!

いつも身体がダルい・・

精神が疲れて仕事がイヤだ・・

なかなか疲れがとれない・・

本記事では、こんなお悩みを解決します!

 

Drオレンジ
Drオレンジ

こんにちは。Drオレンジです

今回は、疲れの取り方をテーマに、現代人に効果的な6つの疲れの取り方と、疲れにくい身体になる3つの習慣をご紹介します。

記事の前半では、疲れの種類と原因についてカンタンに解説します。

記事の後半で、疲れの取り方と疲れにくい身体になる習慣をご紹介します。

この記事を読めば、あなたの肉体的・精神的な疲労を正しい形で回復することができます。

心身ともにリフレッシュし、本来のあなたのチカラを発揮できるようになります。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

疲れの取り方6選!事実、現代人の疲れにはコレが効果バツグンです

現代人の疲れを取る正しい方法を知ろう

それではさっそく、疲れの取り方について解説していきます。

しかしまず、効果的な疲れの取り方を知るためには、カンタンに疲れの種類について知っておく必要があります。

疲れの種類と原因をカンタンに知ろう

心身ともに疲れ切っては良い仕事ができません。

疲れの種類と原因について知っておくことは大切です。

なぜなら、自分の疲れの正体を知れば疲労回復の方法が分かるからです。

あなたの疲れの正体は、4つのうちどれでしょうか。

1.精神疲労

精神疲労は心の疲れです。

心が疲れてしまっていて、何に対しても無気力な状態が続くのであれば精神疲労がたまっている可能性があります。

精神疲労の主な原因は、ストレスです。

2.中枢性疲労

中枢性疲労は、脳の疲れです。

脳の緊張状態が続くと調整能力が低下してしまいます。

これによってぼーっとしたり、疲れを感じるのです。

中枢性疲労の原因は、主に睡眠不足・栄養不足などの生活習慣によるものです。

3.末梢疲労

抹消疲労は、運動や肉体労働の後のからだの疲れです。

長時間立ちっぱなしだったり、過度な運動をすることで乳酸がたまり筋肉が疲労することが原因です。

4.眼精疲労

眼精疲労は、目の筋肉や自律神経の疲れです。

 

Drオレンジ
Drオレンジ

肩こりにならんで、事務仕事の大敵ですね!

パソコンやスマホを長時間つかうことで、自律神経が疲れることが原因です。

疲れの取り方を6つご紹介!

疲れの取り方を6つ厳選してご紹介!

それでは、正しい疲れの取り方を6つご紹介します。

あなたの疲れにあう疲労回復方法をぜひ見つけてくださいね。

質の高い睡眠をとる

疲れの取り方として、まず挙げたいのが睡眠です。

なぜなら、良質な睡眠は、脳細胞が休まり全身の疲労が回復されるからです。

睡眠の質を上げるコツを4つまとめました。

科学的に根拠があるものですので、ぜひ参考にしてください。

質の高い睡眠をとる4つのコツ
  • 寝る直前にスマホやTVを見ない→ブルーライトの波長がメラトニンを抑制
  • 決まった時間に布団に入る→規則正しい生活を送ることで体内時計を正常化
  • カフェインは15時以降とらない→カフェインの消化には6時間必要
  • お酒は寝る2時間前まで→過度なアルコールは深夜の睡眠を浅くする

瞑想(マインドフルネス)をする

瞑想をすることは、疲れをとるのに効果的です。

なぜなら瞑想は、何も考えないことで神経を休ませるからです。

 

Drオレンジ
Drオレンジ

近年は、マインドフルネスと呼ばれ注目されています。

休憩時間に取り入れる大企業も増えているとか。

詳細のやり方や効果は、ぜひ下記HPを参考にしてください。

Googleも採用するマインドフルネス瞑想/その効果と難易度別3つの実践方法
マインドフルネス瞑想を『やってみよう!』と思っても、今一つやり方がわからない。その状況を解消し、すぐに取り組めるよう、初心者だった私が効果的に実践できた方法を、多くの画像でご紹介。

ぬるめのお風呂にゆっくりつかる

ぬるめのお風呂にゆっくりとつかることは、心身の疲れを取り除いてくれます。

なぜなら、38-40℃のお湯につかり体温を高めると副交感神経が優位になるので、良い睡眠をとることができるからです。

また、血行が良くなり体の老廃物が排出されます。

 

Drオレンジ
Drオレンジ

ゆっくりつかると心も休まりますね

ストレッチやヨガ・ウォーキングをする

ストレッチやヨガ・ウォーキングなどの適度な運動をすることも疲れを取るのに効果的です。

なぜなら、運動をすれば血行がよくなって体中の老廃物を除去するからです。

 

Drオレンジ
Drオレンジ

サラリーマンは運動不足になりがちですね。

元気が出る食べ物を食べる

元気が出る食べ物を食べれば、疲れがとれます。

なぜなら、元気が出る食べ物は、エネルギーを作り出したり、疲労物質をなくす栄養素を、たくさん含んでいるからです。

 

Drオレンジ
Drオレンジ

おいしく食べて元気になろう!

下の記事に詳細をまとめてます。ぜひご参考にしてください。

 

>>>元気が出る食べ物ランキングTOP5!栄養満点おすすめ食材はコレ!

リラクゼーション( アロマやマッサージなど)

アロマやマッサージなどのリラクゼーションも疲れをとるのに効果的です。

なぜなら、神経や体をほぐして癒しを与えてくれるからです。

 

Drオレンジ
Drオレンジ

たまにはマッサージで疲れた身体をいやすのも◎!

疲れにくい身体をつくる3つの習慣

疲れにくい身体になる3つの習慣を紹介します

それでは最後に、疲れにくい身体になるための方法を3つご紹介します。

どれも継続することが大切!

習慣化してしまえば、疲れにくくパワフルに活動できるようになります。

休日も早起き!規則正しい生活をする

規則正しい生活をすることは、疲れにくい身体を作ります。

なぜなら、特に休日に朝遅くまで寝ていると、体内時計のリズムが乱れてしまい寝る時間が遅くなってしまうからです。

規則正しい生活をすれば決まった量の睡眠時間が取れるので、その日の疲れを次の日に持ち込まず毎朝元気に活動することができますね。

 

Drオレンジ
Drオレンジ

夜更かしもNG!わかっちゃいるけど・・

シャワーだけはNG!毎日湯船につかる

毎日湯船につかることは、疲れにくい身体づくりに欠かせません。

なぜなら、先述のとおり湯船につかると体と心の疲労回復になりますし、良い睡眠を導いてくれるからです。

忙しいと、ついついシャワーだけで済ませてしまうことが多いですよね。

でも忙しいときこそ、次の日も頑張るため湯船にしっかりつかりましょう!

こまめにストレス発散する

こまめにストレスを発散することは、疲れにくい身体づくりに必要です。

なぜなら、過度なストレスは精神疲労や中枢性疲労の原因になるからです。

ストレスの発散方法はひとそれぞれ異なります。

あなたにあったストレス発散方法を見つけてできれば毎日行いましょう。

 

Drオレンジ
Drオレンジ

ちなみに私の場合は、通勤車中に熱唱すること(笑)

 

疲れを取って元気に活躍しよう!

こんかいのまとめです
疲れの取り方まとめ
  • 疲れの種類は4つ(精神・中枢性・ 末梢 ・眼精)
  • 疲れの取り方は6つ
  • 1.良く寝る
  • 2.瞑想する
  • 3.ゆっくりお風呂に入る
  • 4.適度な運動をする
  • 5.元気になるものを食べる
  • 6.リラクゼーションを利用する
  • 疲れにくい身体になる3つのコツ
  • 1.規則正しい生活
  • 2.毎日湯船に入る
  • 3.こまめにストレス発散

今回は、疲れの種類から取り方、予防方法までご紹介しました。

これらを習慣化して実践すればあなたは疲れがとれて元気になり、今以上に活躍できます

 

Drオレンジ
Drオレンジ

ぜひ参考にしてください!

この記事が良いと思ったら下のボタンでシェア

ライターが気になったらDrオレンジをフォロー

↓ポチッとしてくれたら私のモチベUP!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメント