【決定版】ポジティブになれる5STEP!
スポンサーリンク

モチベーションを上げる5つの方法!ラクに自然にやる気が上がる!

心のビタミン

こんにちは。Drオレンジです。

仕事や勉強、家事などやらなくてはいけないことが沢山あるのに、中々やる気が出ない・・なんてことよくありますよね。

今回は、そんな時にモチベーションをスグに無理なく上げる方法を5つご紹介します!

実はモチベーションを上げるために難しいことを考えたり、気が重い・しんどいことをやる必要はないんです。

ちょっとしたコツさえ掴んでしまえば、自分でも不思議なくらいドンドンとやる気が湧き出てきますよ!

スポンサーリンク

モチベーションを上げる方法1.30秒だけやってみる

あなたにもこんな経験はありませんか?

朝、布団から出なきゃいけない時間なのに中々気が重い・・

でも試しに布団から出てみたら、さっきまでの重さが嘘のように身体が動き自然に身支度をしている。

この現象は「作業興奮」と呼ばれるもので、人はモチベーションがあるから作業をするのではなく、作業をするからモチベーションが出てくるのです。

作業をすることで体中の筋肉から脳に合図が出て、「この作業をやらなくてはいけないんだ」と脳が認識することで、モチベーションが上がっていくる。という仕組みになっています。

なので、まずは動き出すことが肝心!

 

とはいっても、はじめからそれが出来たら苦労はしません。

そこで、30秒だけやってみることをオススメします。

例えば、あなたは受験生で、毎日3時間勉強すると決めていたとします。

でも今日はなんだか疲れてやる気が出ない 。

「あぁ今日も3時間やらなきゃ・・」

と考えてしまうと、とても気が重いですよね。

そんな時に、とりあえず30秒だけ机に向かって参考書を開いてみましょう!

机に向かって30秒経ったら、本当に勉強をやめてしまってもいいです。

そう思えば、気軽に勉強を始めることが出来ますよね?

あとは、作業興奮が働けば自然とやる気が出てドンドン勉強を進めていけます。

もし、作業興奮が働かなかったら一度辞めてしまって、また少し時間をおいて30秒取り組んでみてください。

 

作業興奮の効果で、人間の行動は「慣性の法則」が働いてるような心の動きをします。

ぜひうまく利用しましょう!

モチベーションを上げる方法2. 身の回りを整理整頓する

あなたがこれから作業をする場所は、きれいに整理整頓されていますか?

モチベーションを上げるために身の回りを整理整頓することは2つ点で効果を発揮します。

 

まず1つは、情報が整理され頭の中はスッキリすることです。

周りが散らかった状態で何らかの作業をしようとすると、人間の脳は

「片付けなきゃ」「あれとこれはここに置いて・・」などと、無意識のうち周囲の状況について考えてしまいます。

その結果、ストレスを感じてやる気が失せてしまい、集中力が発揮できなかったり、良い成果をあげることができなくなります。

パソコンで作業している時、作業中のアプリケーションの裏で、必要のないアプリケーションを立ち上げていたら重くて作業がはかどりませんよね。人間の脳でも同じようなことが起こります。

そのため、整理整頓して頭の中で余計なことを考えるのをやめれば、やるべきことに最大限集中して力を発揮出来るようになります。

 

2つ目の効果は、達成感を得られることです。

人は小さなことでも何か作業や仕事を終えると達成感を得ることが出来ます。そして達成感はモチベーションの源であるドーパミンを分泌してくれます。

大きな仕事をしなくてはいけないのにモチベーションが上がらないという場合には、まずは目の前にある小さな仕事をサクサクを終わらせて達成感を得ることで、自然とモチベーションが上がってきます。

 

身の回りを整理整頓すれば上に挙げた2つの効果を同時に期待できます。

整理整頓は、とても効率の良いモチベーションアップ法なのです!

モチベーションを上げる方法3. ライバルを決める

人間は競争が好きな生き物です。

仕事でも勉強でも、あなたと実力が近い身近な人間をライバルにしてしまいましょう!

そうすることで、

「あいつには負けたくない。」「これをやりきればあいつに一歩リードできる。」

となどといった競争心が働き自然とモチベーションが上がってきます。

 

マンガやアニメの世界でも、主人公にライバルがいて、互いに競い合うことでどんどん実力をつけていくという話はたくさんありますよね

 

ライバルと競争し切磋琢磨することで、自分1人では到底たどり着けなかった領域にまで自分を高めることが出来ます。

なぜそれが出来るかと言うと、競争心が働きモチベーションが自然に湧き出てくる心の状態になっているからなんですね。

一方的でもいいですし、相手に宣言する必要もありません。

まずは、心の中であなたのライバルを決めてください。

そして、ライバルと自分を比較してどっちの方が先に進んでいるかを常に意識してみてください。

 

あなたの内に眠る競争心をうまく活用してモチベーションを上げましょう!

モチベーションを上げる方法4.自分を褒める

あなたは、承認欲求という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

マズローというアメリカの心理学者が提唱した有名な理論として、欲求5段階説というものがあります。

この理論によれば、現代の社会に生きる人間が抱いている欲求は、

「他人に認められたい」「必要とされたい」

という気持ちです。これを承認欲求と呼びます。

代表的な例として、SNSで自分が旅行に行って楽しんだり、オシャレをして街にでかけたことを写真にとって発信することで、それを見た他のユーザーからコメントをもらったり「いいね」を得るという行為です。

これらの行為に生産性はまったくありませんが、発信した人が他のユーザーが自分を見てくれて良いと言ってくれることで、発信者の承認欲求が満たされるのです。

 

承認欲求は「他人から認められたい」という気持ちですが、中々他人に褒められることは多くありません。そのため、心の中で自分で自分を褒めてしまいましょう。

 

私ってこんなことも出来るんだすごい!

前はここまで出来なかったのに、俺成長したなぁ~

よし!今の仕事っぷりは素晴らしかったぞ!

 

なんてことを思っていると自分の承認欲求が満たされ、モチベーションが上がってきます。

これは本当に効果がありますよ!

でも、間違っても口に出さないように気をつけてくださいね(笑)

モチベーションを上げる方法5. 自分の好きなことについて考える

自分がやりたくないこと、嫌いなことは考えるだけで気が重くなってしまいますよね。

それとは逆に、自分の好きなことや楽しいことを考えると、それだけで気分が軽くなりモチベーションがあがります。

仕事中に趣味のことや関係ないことを考えるなんて、バカげていると思いますか?

でも、それで気分転換になり良い成果を上げることにつながるのであれば素晴らしいことではないでしょうか。なにも仕事中にサボれといっているわけではないです。

あくまで、考えるだけです。

いついかなる時も、あなたの頭の中だけは自由だということを忘れないでください。

思考も支配されたと思い込んでしまうと自分の能力を発揮できずに、悪い結果に繋がりかねません。

人の心のクセをうまく使い、モチベーションを上げよう!

今回は、モチベーションを自然に上げる方法を5つご紹介しました。

共通していることは、人間の脳や心理の働き方をうまく利用する。という点です。

そのため、無理なく知らず知らずのうちにやる気が出てくるのです。

どれも今からスグ使えるものばかりですので、どんどん活用して成果を上げていきましょう!

 

この記事が良いと思ったら下のボタンでシェア

ライターが気になったらDrオレンジをフォロー

コメント