【決定版】ポジティブになれる5STEP!
スポンサーリンク

他人に期待しないという生き方。他人は変えられない。

心のビタミン
Drオレンジ
Drオレンジ

こんにちは。インフルーツエンサーのDrオレンジです🍊

先日こんなツイートをしたところ、たくさんの反響をいただきました。

この内容について140字で伝えきれてないため、今回ブログで書こうと思います。

正直わたし自身この考え方を取り入れてからストレスが大きく減りました

イラッとすることも減りましたし、職場の人間関係は良好です。

この記事を読めば、あなたもストレスも軽減され、人間関係が改善されますよ❗

スポンサーリンク

他人に期待をしないメリット その1:怒りが沸かない

他人に期待しないという生き方・考え方は一見するととても冷たいように感じるかもしれません。

他人に関わらない。他人を励まさない。孤独で人間味のない関係をイメージするかも。

しかしまったく違います。

期待はしませんが、励ましたり応援はします。

そうすることであなたのストレスは軽減されます。

期待を裏切られたと感じて怒りがわく

なぜ他人に対して怒りが湧いてくるか。

具体的に考えてみましょう。

サラリーマンのAさんは、上司Bから言われていた資料が期日直前までできていません。

直前になって上司Bに資料の提出を求められ、Aさんは資料ができていないことを告げます。

上司Bは大激怒。Aさんに対する説教が始まりました。

早く作成しなくてはいけないのに説教でムダな時間を使います。

さらにAさん上司Bもお互い良い気分ではありません。

結局Aさんは深夜までかかり資料を作りました。

Aさんの責任とは言え、精神的にも肉体的にも多大なストレスとなります。

Drオレンジ
Drオレンジ

サラリーマンではよくある光景だな

では、この場合どうすれば改善されるんでしょうか。

ここで問題となるのは、Aさんではなく上司B

Aさんが上司からの指示を直前まで忘れていたことは確かに責任があります。

しかし期日までにしっかりと終えていますので、結果として業務上は問題ありません。

業務上は問題ないはずなのに余計なストレスがかかってしまったのは上司Bの責任です。

上司Bは本来であれば、部下であるAさんの性格をある程度把握する必要があります。

そして指示を忘れている可能性を考え、時間に余裕のあるうちに進捗確認をすべきです。

それが管理監督責任者のシゴトです。

しかし、上司Bはそれをしなかった自分の責任を棚に上げてAさんに説教をしてしまいました。

この説教で上司Bは、Aさんが反省して次回から改善するのを期待していますね。

Drオレンジ
Drオレンジ

そう、期待しているんです。

期待をしているから怒りが湧いて説教をするのです。

そして、その説教でAさんを変えられると思っているんですね。

他人は変えられないと割り切る

しかし、説教をされて他人は変わるでしょうか?

マジメな人であれば反省をして次回から気をつけようと思いますね。

でも、気をつけようと思う理由は、上司に怒られたから。

また上司に怒られたくないから気をつけようという思考になります。

これで変わったと言えるでしょうか?

説教される前でも、怒られたくないという思考で行動していること他にありますよね。

 

Drオレンジ
Drオレンジ

「怒られたくないから気をつけよう」リストの項目が増えただけだな

そう、つまりなにも変わっていないんです。

そもそも説教で人間を変えようなんてムリなことと割り切りましょう。

他人を変えるという発想自体が間違いです。

あなたが変えられるのは、あなた自身。

変わったあなたから影響をうけて、他人が変わるということはあるかもしれません。

でもそれは、あなたを見た他人が、自分で自分を変えただけにすぎません。

同じ言葉を聞いても、変わる人もいれば変わらない人もいます。

言葉を聞いて変わる人は、言葉をきっかけにして自分で自分を変えただけです。

けっして発言者が変えたわけではないということですね。

期待をしなければ感謝に変わる

期待をしていると、

他人は自分のためにはたらいて当然

という心理になってしまいます。

期待をしないでいると他人がしてくれたことは全てプラスになります。

こんなことをしてくれるなんてありがとう!

と感謝の気持ちが自然とわいてくるのです。

Drオレンジ
Drオレンジ

期待値という基準を0にするんだな

他人に期待をしないメリット その2:ヒトを足し算でみる

他人に期待をしないことのメリットは他人に対する感情のほかに、もうひとつあります。

それは他人に対する評価の仕方が良いものにかわるということです。

理想からの引き算をやめる

職場で使えないと言われているアイツ

なんでそんなことを言われてしまうんでしょうか

Drオレンジ
Drオレンジ

周囲の期待に応えられないからだろうな

そう、期待。

この期待というものでヒトの評価基準を決めています。

そして、基準に達しないヒトを

アイツはつかえない!

とレッテル張りするんですね。

期待という理想からの引き算でしかヒトを評価しないんです。

でも人間ってそんなに単純にできてないですよね。

優劣ではなく個性が見える

ではどうするか。

期待をしない。つまり基準を0にしましょう。

Drオレンジ
Drオレンジ

そのヒトの出来ることだけが見えてくるな

そうです。

そのヒトが出来ることを足し算していけば、きっと個性や能力を発見できます。

適材適所というコトバがあります。

人間に優劣をつけるのをやめてください。

そして、どうしたら個々人の能力をMAXで発揮できるか考えましょう。

周囲の人間の見方がガラリと変わるかもしれません。

他人に期待をしないことからはじめてみよう

今回は他人に期待しないという生き方について考察しました。

ぜひとも参考にしてみて下さいね!

 

Drオレンジ
Drオレンジ

それではまた🍊

この記事が良いと思ったら下のボタンでシェア

ライターが気になったらDrオレンジをフォロー

↓ポチッとしてくれたら私のモチベUP!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメント