【決定版】ポジティブになれる5STEP!
スポンサーリンク

相手を説得する方法!あなたの意見を通す2つの心理テクニックとは。

相手を説得する方法!あなたの意見を通す2つの心理テクニックとは。 シチュエーション
相手を説得して、あなたの意見を通す2つの心理テクニックをお伝えします。

説得したい相手がいる。

どうしてもガンコで話が通じない人がいて困る。

今回はこんなお悩みを解決します!

 

Drオレンジ
Drオレンジ

こんにちは。Drオレンジです

本記事は、だれかを説得したいときに読んでほしい記事となっています。

スポンサーリンク

相手を説得する方法!あなたの意見を通す2つの心理テクニック。

相手を説得する方法!あなたの意見を通す2つの心理テクニック。
相手を説得する方法!あなたの意見を通す2つの心理テクニック。

本記事は「相手を説得する方法」をテーマにお話をします。

前半では、説得する時のカギをカンタンに説明します。

後半では、相手を説得する時に、心理学で効果があるとされるシンプルなテクニックをお伝えします。

この記事を読めば、相手の気分を害することなくあなたの意見を通すことができます。

 

Drオレンジ
Drオレンジ

さっそくいってみよう!

説得のカギは信頼

説得のカギは信頼
説得するならやっぱり信頼が大事!

相手を説得する時、大切になってくることは信頼です。(あたりまえですが)

 

相手に信頼してもらえないと説得はヒジョ~に難しい!

Drオレンジ
Drオレンジ

信頼できない相手の言うことは受け入れないよね

確かにそうですね

相手の信頼を得る方法は心理学的にいくつかありますが、ここでは代表的なものをひとつ。

それは「単純接触効果」です。

たとえばこんな経験ありませんか?

このタレントあんまり好きじゃないなぁ

と思っていたのに、タレントの人気が出てテレビで見る回数が増えると・・・

なんかだんだん嫌いじゃなくなってきた。てか好き。

Drオレンジ
Drオレンジ

これが単純接触効果です。

 

見る回数や会う回数が多ければ多いほど、人間はその対象を好意的に思う心のクセがあります。

これを単純接触効果というんですね。

 

もし説得するために信頼を得たい相手がいるなら、まずは積極的にコンタクトをとって接触する回数を増やしましょう!

説得をするなら食事中に。「ランチョンテクニック」

説得をするなら食事中に。「ランチョンテクニック」
説得をするなら食事中がベスト!相手を食事に誘おう

説得をするなら食事中がもっとも良いタイミングです。

食事をすると、食べ物に注意がいきます。

おいしい食べ物が嫌いな人はいませんから、好意的な気持ちになるわけです。

ここであなたが話を切り出して説得をしようとすれば、不思議なことに相手はあなたに好意的な印象をもちます。

 

Drオレンジ
Drオレンジ

これをランチョンテクニックといいます。

ランチョンテクニックは、アメリカの心理学者グレゴリー・ラズランの調査によりあきらかになったものです。

 

おいしいものを食べていると気持ちがポジティブになるんですね

Drオレンジ
Drオレンジ

そのとおり。だから説得もしやすいんです。

このように説得をしたい相手がいるなら、食事に誘うのがもっとも良い手段です。

余談ですが…

 

ランチョンテクニックは、恋愛でもよく使われる心理テクニックです。

女性の方は気を付けてくださいね

 

Drオレンジ
Drオレンジ

ぜひ今度お食事に行きませんか?

食事ぐらいなら喜んで!

なんて軽い気持ちでお誘いOKしてしまうと、相手のペースに飲まれていつの間にか付き合うことになっちゃうかも!?

 

Drオレンジ
Drオレンジ

お食事の誘いは危ない笑

まとめ

今回のまとめです!
相手を説得する方法
  • 説得をする時のカギは「信頼」があるかどうか
  • 信頼を得たいなら「単純接触効果」でとにかく回数を増やす!
  • いよいよ説得する時は食事に誘う
  • 食事中は「ランチョンテクニック」により説得がしやすい!

今回の内容をしっかりと実践できれば、かなり高い確率で相手を説得することができますよ!

 

Drオレンジ
Drオレンジ

ぜひ実践してみて下さい

【だれにも会わずに悩み相談】

<自分を変えたい!><人間関係がうまくいかない><仕事のやる気がでない…>

その悩み、プロにお任せください!
深い悩みをメールや電話でじっくり相談しませんか?

頼れるプロが親身にお話しを聞きます。

もう1人で苦しみたくない・・・

そう思うのなら、ぜひオンラインカウンセリングを試してください。

 

私たちはいつでもあなたの味方です。

シチュエーション使える心理学
ビタLabo

コメント