【決定版】ポジティブになれる5STEP!
スポンサーリンク

ROAの計算式を分かりやすく解説!抑えておきたいROAの意味とは。

Drオレンジ
Drオレンジ

こんにちは。Drオレンジです!



前回のPER,PBRに引き続き、メジャーな指標であるROAについて解説していきます。
こちらもファンダメンタルズ分析を行う際に必須の指標ですのでしっかりとマスターしましょう

スポンサーリンク

1.ROAを理解する

それでは早速ROAを解説します。
ROAを理解できれば、さらに有益な指標であるROEの理解にも繋がりますので、ぜひしっかり意味を理解して下さい。

1-1.ROAはBSとPLをつなぐ指標

ROA(Return On Assets)とは、企業が資産を使って、どれほど利益を出せたかを表す指標であり、企業の収益性の目安となります。

資産はBSの左側(借方)に計上されていましたね。

利益(経常利益)は、PLにて収益から費用を引いて計算されます。

つまりROAとは、BSとPLをつなぐ指標と言えるのです。

計算式は下記の通りです。

ROA = 純利益 ÷ 総資産

ROA




上図をみると、ROAがBSとPLを繋いでいることがよく分かります。

1-2.ROAの計算式は2つの指標の組み合わせ

ROAの計算式は、売上高を間に挟むことで2つに分解することが出来ます。


ROA =  純利益 ÷ 総資産 =  (経常利益 / 売上高) × (売上高 / 総資産)

= 純利益率 × 総資産回転率


なんだかややこしいですね。

まず、純利益率は、売上高のうち純利益がいくら残ったかを示し、下図のようになります。

純利益率




100億円の売上高から、売上原価や販売費及び一般管理費等の色々な経費を引いて純利益を計算しますね。
稼いだ売上のうち、何%が純利益として残ったかを示すのが、純利益率であり、企業の利益率を表しています。



総資産回転率は、総資産を使ってどのくらいの売上高を稼いだかを示す指標です。

総資産回転率



この場合は、売上高100億円に対して総資産100億円のため、同額ですので総資産回転率は1になります。

資産は

「 現金 → 商品 → 売掛債権 → 現金 」 → 商品 → ・・・

と回転させることで、売上高を稼ぎます。
総資本回転率の回転とは、この資産の回転を表しているのです。

総資本回転率が高い企業は、資産を効率良く使っている(=効率性が高い)と言えます。

1-3.ROAが高いと事業の効率が良い【理由を解説】

先述の通り、ROAは純利益率と総資産回転率の組み合わせで表せます。

ROA = 純利益率 × 総資産回転率

純利益率は、企業の利益率すなわち「稼ぎを利益として残す」力を表しています。

一方総資産回転率は、企業の効率性すなわち「資産を効率よく使って稼ぐ」力を表しています。

そのため、ROAが高い企業は、稼ぎを残す力 or  資産を効率よく使って稼ぐ力のどちらか、もしくは両方が高いため、効率良く利益を出せる企業であると言えるのです。

2.ROAを使ってみよう

それでは早速、ROAを使って企業の分析をしてみましょう。
お使いのツールでROA15%以上の企業を絞り込んでみて下さい。
74社がヒットしました。(2018年12月19日現在)

ROA15%

2-1.ROAが高い理由を探る

それでは、2121 ミクシィを例として、ROAがなぜ高いのか探ってみましょう。

mixiROA

ミクシイの指標を見てみるとROA22.3%と非常に高いですね。

当期純利益率は22.1%ですので、ROAとほぼ同値です。
一方、総資産と売上高がほぼ同値であることから、総資産回転率は約1倍であることが、計算をしなくても分かります。

ミクシィの高ROAは、利益率稼ぎを利益として残す力)の高さが要因ということが分かります。

ROA
= 純利益率 22.1% × ( 売上高 189,094 / 総資産192,123 )
=  純利益率 22.1% × 総資産 0.98 = 21.6%

あれ?計算が合いませんね。

実は、ROAの分母である総資産は、期中平均総資産を使用するので、この差が出ているのです。

※平均総資産 = 前期総資産 + 今期総資産 / 2

なぜ平均総資産を使用するかと言うと、対象期間を合わせるためです。
純利益はPLに計上されていますよね。総資産はBSに計上されています。
PLは1年間事業をしてきた結果ですが、BSは決算日現在の資産状況です。
PLとBSでは対象としている期間が違うのですね。
そのため対象期間を合わせる目的で、前期と今期のBSの平均値を使って計算するのです。

時系列

ROAを使いこなそう

今回はROAについて解説をしてみました。
簡単なようで奥が深いROA。中身をしっかりと理解して、企業分析に役立てましょう


この記事が少しでも皆さんのお役に立てれば嬉しいです

人気記事初心者の株の始め方!知識0・お金0から本格的な株式投資をはじめよう

コメント