株式投資

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)SBI証券との違いを徹底解説!

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)とSBI証券の違いを徹底比較!

ネオモバってSBI証券と何が違うの?

ネオモバとSBI証券どっちがいいの?

今回はこのようなギモンにお答えします(^^)/

 

最近グングン知名度を上げているSBIネオモバイル証券(ネオモバ)

名前にSBIとあるので、あの大手証券会社SBI証券との関係性が気になる人もいるかと思います。

なので、今回はネオモバとSBI証券の違いについて比較してみました。

 

結論から言えばネオモバはSBI証券の子会社で、Tポイント投資と少額投資に特化した投資初心者向けのサービスです。

 

今から株を勉強したい人には、ネオモバの方がオススメですよ(^^)/

 

この記事で詳しい内容を説明していきます。

ネオモバのサービス概要
実質20円で取引放題!

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)SBI証券との違いは?徹底比較!

この記事の内容は以下の通り。

 

この記事の内容

※タップするとジャンプします。

 

それではひとつずつ説明していきます。

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の会社・サービス概要

証券会社名 株式会社 SBIネオモバイル証券
設立年月日 2018年10月30日
所在地 東京都港区六本木1-6-1
資本金 35億円
主な株主

株式会社 SBI証券

CCCマーケティング株式会社

代表取締役 代表取締役会長 髙村 正人
代表取締役社長 小川 裕之
上場有無 非上場
取扱商品 国内株式、国内ETF(上場投資信託)、REIT、IPO、ロボアドバイザー

 

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の特徴

SBIネオモバイル証券は、SBI証券の子会社として2019年よりサービスを開始。

ネオモバには一般的な証券会社と違い下記のような特徴があります。

 

ネオモバの特徴

1.1株から株式投資ができる。

2.Tポイントで国内株式が買える。

3.スマホだけで投資ができる

4.分かりやすいインターフェース

 

シンプルなデザインで、株式投資になじみのない初心者でも直感的に分かりやすいのが特徴です。

1株から株を買える少額投資が魅力。

また、ひとかぶIPOや株式の定額買付けなどユニークなサービスを展開しています。

 

ちなみに4月に開業してからたった7ヶ月で口座開設数は20万を超えています。

キャンペーンも定期的にやっていて、今最も勢いのある証券会社といえるでしょう。

 

SBI証券の会社・サービス概要

証券会社名 株式会社 SBI証券
設立年月日 1944年3月30日
所在地 東京都港区六本木1-6-1
資本金 483億2,313万円
主な株主 SBIホールディングス株式会社
代表取締役 代表取締役会長 北尾 吉孝
代表取締役社長 髙村 正人
上場有無 JQ上場廃止(SBIホールディングス傘下のため)
取扱商品 国内株式(現物・信用)、米国株、中国株、韓国株、ロシア株、ベトナム株、投資信託、海外ETF、REIT、国債、社債、外債、FX(外国為替証拠金取引)、S株(単元未満株)、CFD、国内株式PTS夜間取引、貸株サービス(信用口座と兼用不可)、日経225先物取引、日経225オプション取引、eワラントなど

 

SBI証券の特徴

SBI証券はネット証券では国内最大手で、1944年創業の歴史ある証券会社です。

2005年には月間売買代金が10兆円を超えるなど店舗型の証券会社に比肩する規模をもちます。

 

SBI証券の特徴

1.口座開設数国内ネット証券NO1

2.手数料が業界トップクラスで安い

3.充実した商品ラインナップ

4.Tポイントで投資信託が買える

5.個人向けツールやサービスが充実

 

ある程度まとまったおカネで投資を始めたいなら、とりあえずSBI証券に口座開設しておけば間違いないでしょう。

実績と実力のあるネット証券会社です。

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)とSBI証券の違いを比較

ネオモバとSBI証券の違いを分かりやすくするため、比較表をつくってみました。

 

  ネオモバ SBI証券
 
少額投資

Tポイント投資

分かりやすさ
取扱商品種類
サービス
手数料 ※条件による

 

一項目ずつ説明します(^^)/

 

少額投資

少額投資をするならネオモバに軍配があがります。

なぜなら1株から国内の株式に投資ができるからです。

それにネオモバは手数料体系も少額投資専用に設計されてます。

 

たいして、SBI証券はある程度まとまったおカネ(数百~数千万)がある人に向いてます。

 

Tポイント投資

Tポイント投資でもネオモバの方がいいです。

なぜなら、国内の株式(個別株)に投資ができるからです。

 

SBI証券ではTポイントを投資信託にしか使用できません。

投資信託も魅力的な商品が多いのですが、貯金のような感覚で積立する場合が多く投資の勉強にはなりにくいです。

 

ネオモバならTポイントを使って国内の上場企業に投資ができます。

個別の企業に投資できることで、企業の中身や株価の動きについてよく考えるようになり勉強ができます。

そうすれば次はもっといい投資判断ができるようになります。

 

なのでTポイントを使うなら、低リスクで個別企業に投資できるネオモバが最適です。

 

分かりやすさ

操作画面の分かりやすさはネオモバがダントツです。

 

スマホユーザー向けに情報を厳選してる分、とても見やすい構成になってます。

それに投資の専門用語もあまり使っていないので直感的に操作しやすいです。

 

ちょっとのぞいてみましょう。

 

まずはネオモバのトップページ。

51ネオモバトップページ

 

とてもシンプルで分かりやすいですね。

 

一方SBI証券のトップページはこちら。

SBI証券のトップページ
SBI証券のトップページ

たくさんの情報量がまとまっていて素晴らしいとは思いますが、投資初心者にとっては不要な情報も多く、迷ってしまいそうです(*_*)

それに専門用語も容赦なく使っていますからわけが分からなくなる人も多いでしょう。

 

そのためサイト画面の分かりやすさではネオモバの方がいいです。

 

取扱商品数

対象商品の種類では圧倒的にSBI証券が良いです。

 

なぜなら、ネオモバは国内株式、国内ETF(上場投資信託)、REIT、IPO、ロボアドバイザーの取り扱いしかないからです。

 

SBI証券なら投資信託、外国株や外国の投資信託、先物やFX、債券、オプション、ワラントなどひととおりの金融商品がそろっています。

 

外国の金融商品や、リスクの高い商品に投資をしたいならSBI証券です。

 

サービス

サービス面でもSBI証券に軍配があがります。

 

取引ツールや情報量の豊富さが魅力で、ある程度経験を積んだ個人投資家ならば嬉しいサービスが充実してます。

 

資金がある程度あって、実力や経験も十分備わっているならSBI証券の方が良いです。

 

手数料

手数料は両社とも甲乙つけがたいですね。

 

ただ、単元未満株であればネオモバの方が圧倒的に安いですし、ある程度まとまった投資をするのならSBI証券の方が安いです。

 

くわしくはこちらで手数料の比較をしてますので、興味がある方はぜひご覧ください。

まとめ

今回はネオモバとSBI証券の違いについて解説しました。

結論としては

 

ネオモバ

➔Tポイント投資で低リスク少額でやりたい人向け

 

SBI証券

➔まとまったおカネで本格的にやりたい人向け

 

と言えるでしょう。

どちらも一長一短ありますので、ご自分の意向にあう方で投資をしましょう(^^)/

 

◇人気記事◇【ネオモバ】口コミ・評判まとめ。個人投資家歴8年の私が使ってみたネオモバの感想と評価を大公開!

◇人気記事◇【完全ガイド】SBIネオモバイル証券(ネオモバ)口座開設してみた【画像で解説】

名刺交換デザイン
ABOUT ME
Dr.オレンジ
30代♂大手経理マン。株スタ!株のスタートアップガイド管理人。日々、だれでも分かりやすい投資のはじめ方を情報発信している。日本の投資人口を増やして、みんなと株の話をしたいと思っている。