資産運用

総資本回転率

総資本回転率

総資本回転率とは、企業の効率性を表す指標です。

単位は、回。

 

総”資産”回転率とも言われます。

総資本回転率の計算式

総資本回転率 = 売上高 ÷ 総資本額

総資本回転率の目安

高ければ高いほどいい。

総資本回転率1なら、総資本と同額の売上高をあげてることになる。

総資本回転率の目安は1~1.1。

 

しかし、業種によって差があり小売業や卸業などは1.7~1.8回が平均と言われてます。

同業他社と比較してみることが大事ですね。

 

総資本回転率をカンタンに解説

総資本とは、会社があつめた資金の総額です。

便宜的に”会社の大きさ”と言い換えることとします。

 

売上高は、説明不要ですね。

 

総資本回転率は、【会社の大きさに見合うだけの売上を上げてるか】を確認できます。

 

1.総資本1億円で、年間売上1.5億円

2.総資本100億円で、年間売上1.5億円

 

どちらの企業に投資したいですか?

ということなんですよ。

 

ちょっと極端すぎましたね笑

当然、1の企業のほうがいいですよね

2の企業はいつ経営破たんしてもおかしくないです。

 

資本をうまく使えてるか見る指標が、総資本回転率です。

株式投資をするとき、必ずチェックしておきましょう!

◇人気記事◇ スマホ証券おすすめランキング【初心者のために現役投資家が厳選!】

◇人気記事◇初心者のための投資一任型ロボアドバイザーおすすめランキング7選

◇女性限定◇たった3か月でお金の知識が身に付くパーソナルトレーニングABCash

ABOUT ME
Dr.オレンジ
30代♂大手経理マン。株スタ!株のスタートアップガイド管理人。日々、だれでも分かりやすい投資のはじめ方を情報発信している。日本の投資人口を増やして、みんなと株の話をしたいと思っている。