【決定版】ポジティブになれる5STEP!
スポンサーリンク

目標達成したい人必見!woopの法則を学ぼう!

ノウハウ別

こんにちは。Drオレンジです。

モチベーションは単なる精神論であがるものではありません。

モチベーションを上げる方法を学ぶとともに、心の研究をしている世界中の学者の理論を知っておくことが重要です。

今回は、あなたにもスグに実践できるwoopの法則について解説していきます。

この方法を身につけて実践すれば、あなたの目標達成率は飛躍的にあがります。

スポンサーリンク

woopの法則はネガティブ思考から始まる

ニューヨーク大学、ハンブルク大学の心理学教授である、ガブリエル・エッティンゲン博士が提唱しているwoopの法則は、ネガティブな思考から始まるのが特徴です。

そして「ポジティブシンキング」、「引き寄せの法則」等の方法だけでは、結局のところ精神論に陥ってしまう危険性があると警告しています。

成功した自分を想像し、こうなれたらいいなぁ~と空想するだけでは行動につながりません。

ネガティブ要因を予め洗い出しておき、対処方法も考えることが大切です。

目標達成出来ない要因や可能性と、回避・対処する方法を考えておくことで、目標達成にグッと近づきます。

woopの法則は、失敗要因と対処方法を考え、目標達成までの道のりをシンプルに表すことで、誰でも簡単に行動まで落とし込める実践的な目標設定方法です。

woopの法則 4つのメソッドで目標達成率が2倍に!

woopは、4つのメソッドから成り立ち、メソッドの頭文字をとってwoopと名付けられています。

願望(Wish)

wishでは、

〇〇したい。〇〇を出来るようになりたい。〇〇を手に入れたい。

といった自分が達成したい目標を考えます。

(後のメソッドのためにも紙に書き出すのが良いでしょう。)

ここでのポイントは、確実に達成出来ると心から思える目標を設定することです。

目標の大小に関わらず、「自分は必ずこれを成し遂げることが出来る」という気持ちがあることが大切です。

ただし、あまりに小さい目標であればあなたの成長に繋がりませんし、大きすぎる目標であれば行動に落とし込んで達成するまでの道のりがあまりに遠くなってしまいます。

達成&成長可能な大きさの目標を設定しましょう!

結果(Outcome)

outbomeでは、

wishで設定した目標を達成した時に得られる結果を想像してください。

それも出来るだけ鮮明に、具体的にイメージをすることがポイントです。

時間がかかっても構いませんので、達成した未来の自分がどういった気持ちになり、どんな行動を起こすかということまで、具体化します。

その場にいる臨場感さえ感じられるくらいまでイメージできるとベストです。

障害(Obstacle)

obstacleでは、イメージした成果を達成できない可能性を考えます。

目標達成の妨げとなる要因を、外的なものと内的なものに分けて書き出してみましょう。

 

外的要因:あなたが目標を達成することを妨げる周囲の状況や物理的な問題等

内的要因:どんな感情や思考があなたの目標達成を邪魔しそうなのか

 

そして外的要因は、

本当に外的な障害なのか。自分の問題として落とし込むことは出来ないか。

ということも考えます。

例えば外的要因に、お金が足りないという項目が上がってきたとします。

本当にお金が足りないと出来ないのか。お金をかけなくてもできる方法はないのか。

といったことを考えて、なるべく外的要因を内的要因にシフトさせましょう。 

計画(Plan)

最後にplanでは、想定した障害が発生した時の対処方法を考えておきます。

その際、米軍で用いられる「if ~ thenプランニング」という手法と使います。

「もし〇〇が起きたら、〇〇を行う。」「〇〇の時には、〇〇を行う」

という形で、障害に対しての解決方法や回避方法を事前に計画しておきます。

対処法を予め計画しておくことで、障害を避けて通ることが出来たり障害が突然怒ってもパニックにならず冷静に克服・改善して目標達成への道のりから逸れずに歩み続けることが出来るようになります。

woopの法則を実践してみよう!

では、実践するとどのような形になるかやってみましょう!

今回は、ダイエットをテーマにしてwoopの法則をやってみたいと思います。

ぜひ、あなたがwoopの法則を使う際の参考にしてください。

願望(Wish)

目標として達成可能なものを考えるのが、wishでしたね。

「1ヶ月で15キロ痩せる!」という目標でもあなたが達成可能であると考えるなら、設定してもよいのですが中々心から達成できるとは思えませんよね。

「1ヶ月で2キロ減」とかいう目標だと、少し頑張れば簡単に達成できてしまいそうです。

ちょっと難しい。でも出来そう。というラインで、

今回は「1ヶ月で5キロ痩せる!」という目標設定したいと思います。

結果(Outcome)

次に、目標を達成した時のことを鮮明にイメージします。

 

~5キロ痩せれば、お腹がスッキリして見栄えが格段に変わるだろう。

顔もシャープになるから、友人と写真を撮った時にも恥ずかしくない。心からの笑顔で写真に映ることが出来る。

今まで周りの人にイジられてイヤな思いをしてきたけど、それも無くなるだろう。周囲を見返してやる。

着れる服が増える。スキニージーンズ等の、身体のシルエットがでるような服装も楽しめる。

自分に自信が出て積極的になれる。街に出かけることも多くなりそう。

積極的に外出したら今まで知らなかったことをたくさん知ることが出来る。

そしたら会話のネタも増えて今まで話したことない人と仲良くなれるかも。

容姿にも前より自信がついて会話のネタも増えれば仕事にも積極的になれそう。~

 

こんなもんでしょうか。内面的なメリットが大きく、とても前向きな良い気分になってきました。

頑張ろうという意欲が湧いてきますね!

障害(Obstacle)

 目標達成の妨げになりそうなことを挙げていきます。

  • 夕食を食べすぎてしまう。
  • 中々体重が落ちずにやる気がなくなってしまう。
  • 間食をしてしまう。
  • 運動が続かない。

今回の場合、外的な要因はあまり感じられません。

ダイエットはやはり、自分との戦いになりそうです。

計画(Plan)

最後に、障害への対処方法を考えてみます。

・夕食を食べすぎてしまう。

→ 翌日の夕食は500キロカロリー以下にする。

・中々体重が落ちずにやる気がなくなってしまう。

→ 3日間体重計に乗るのをやめる。

・間食をしてしまう。

→ そもそも間食しないように、お菓子は買わない。

・運動が続かない。

→ 続かなかったら運動メニューを軽いものにし、継続を優先する。

 

これで目標達成までの落とし穴の位置と回避の仕方が分かりました。

あとは実践するのみ!

woopの法則を行う上でのポイント

woopの法則を行う上で重要となるポイントは、定期的に障害を見直し、対処方法を考えるということです。

目標達成まで歩んでいく中で、はじめは見えていなかった障害が出てくるかもしれません。

そういった新しい障害がないか。あったらどう対処するか。を定期的に見直しましょう!

woopの法則でモチベーションアップ!

今回は実践的で効果的な目標達成方法であるwoopの法則について解説しました!

この方法を使ってみると分かりますが、モチベーションがとても高まるとともに目標達成までの道のりが見えてきて、地に足の着いた行動ができます。

紙とペンさえあればスグにできます。ぜひ、あなたも試してみてください!

 

今スグモチベーションを上げたいならコチラ!

モチベーションを上げる5つの方法!ラクに自然にやる気が上がる!
モチベーションを上げる方法を知りたいですか?この記事では、心理学の研究をもとに頑張らなくても自然にやる気がでる方法を5つご紹介しています。この記事を読めば無気力な状態で時間を無駄にすることが減ります。頑張りたくない。でもやる気を出したいと思う方は必見です。

 

この記事が良いと思ったら下のボタンでシェア

ライターが気になったらDrオレンジをフォロー

【だれにも会わずに悩み相談】

<自分を変えたい!><人間関係がうまくいかない><仕事のやる気がでない…>

その悩み、プロにお任せください!
深い悩みをメールや電話でじっくり相談しませんか?

頼れるプロが親身にお話しを聞きます。

もう1人で苦しみたくない・・・

そう思うのなら、ぜひオンラインカウンセリングを試してください。

 

私たちはいつでもあなたの味方です。

ノウハウ別
ビタLabo

コメント